准看護師の転職で給与待遇を改善するには

准看護師求人、給与待遇を改善するには

看護師になるための資格には、准看護師と正看護師があります。准看護師は2年、正看護師は3年と、看護学校で学ぶ年数、そして資格の種類は異なりますが、実際に医療現場に就き、行う仕事の「ハードさ」には、それほど違いが無いようです。

一般的に、日本における給与支給では、資格に応じて手当てが支払われる仕組みになっています。病院などの医療機関でもこれは同様で、准看護師のお給料が正看護師のそれよりも低くなってしまうことは多くあります。

仕事内容が変わらないのにお給料が低い・・・となれば、准看護師のストレスとなり、転職の原因にまでなってしまうケースが少なくありません。

しかし別の病院に転職したところで、同じような待遇であれば、仕事への不満が解消されません。では、そんな准看護師の希望をかなえる転職先には、どのようなところが候補として考えられるでしょうか。

こういったケースにおいて、准看護師が転職先に求めたい第一の条件は「給与待遇の良さ」でしょう。さらに、正看護師との待遇の差がないことも、希望のひとつに挙げておきたいですね。

このとき、一般的なイメージとして准看護師の職場として考えられている場所=「病院・クリニック」に限って転職先を探すと、選択肢はかなり限られてしまいますが、病院以外の勤務先を候補に入れれば、選択肢はグンと広がります。
公益社団法人群馬県看護協会

准看護師を募集している病院以外の職場には、介護施設や保育所があります。なかでも、近年開設数が多く社会的な注目度も高まっているのが「有料老人ホーム」です。 有料老人ホームにもいろいろな形態があり、そのひとつ「介護付き有料老人ホーム」では、その名の通り看護師が24時間常駐することになっています。

そのような看護体制のいき届いている施設では、入居時に支払われる入居金や介護費用、管理費用なども比較的高額となります。この費用は職員の給与にも反映されて、准看護師の給与条件も比較的良くなっているというわけです。

介護付き有料老人ホームや保育所に、医療のプロである「准看護師」がいるということは、利用者にとっても大きな安心材料となります。 病院で働く場合とは、医療行為の比重も種類も異なってくると思われますが、また別の「仕事のやりがい」を得られる可能性も大きいでしょう。

職場で必要とされ、給与待遇も前職に比べて改善されれば、転職を成功に導くことができます。准看護師のスキルを活かせる転職先探しを、少しだけ広い視野で検討してみてはいかがでしょうか?


看護師転職、面接時の注意

看護師の面接を受ける際にはどういったことに注意すればいいのでしょうか。 これは、その他の職種と大きな違いはありません。

それまでの経験や持っている資格については履歴書を見るだけでもわかりますよね。 面接を行うということは、その人を実際に見なければ判断できないポイントをチェックされています。

その中でも第一印象を大きく左右するのが見た目です。 基本的な服装についてですが、スーツを着て行けばまず間違いありません。 女性の場合、すそが広がるタイプのスカートは避けておいたほうが無難です。

見た目というと、服装や髪型のことばかりを考えてしまいがちですが、立ち方や礼儀などもチェックされているので注意しておきましょう。

例えば座り方についてですが、女性の中には椅子に座る際に足をどちらか一方に斜めに伸ばしている方もいますよね。 これはモデル座りとも呼ばれますが、面接の際には好ましくありません。 しっかり膝を揃えて足が直角になるように座りましょう。

手の位置は太ももの上に重ねておきますが、この時に右手が下に来るようにするのがマナーです。 背筋をピンと伸ばして座ったほうがかっこいいので、姿勢の良さにも気を配りましょう。

また、おじぎをする際には頭だけを下げるのではなく、腰から曲げるようにします。 こういった基本ができていないと仕事もできない人間だと判断されてしまうことがあるのです。

看護師の仕事では先に書類選考があり、そこで通った人のみ面接が行われることが多いのですが、面接で落とされてしまう人はたくさんいます。

看護師の職場は緊張感が高くピリピリしていることも多いです。 そういった環境の中でも周りと良好な関係を築くことができるか、責任感を持って勤めてくれるかといったポイントもチェックされています。

受け応え一つについてもいろいろな面からチェックされているので、言葉選びにも注意しましょう。面接というのは誰でも緊張してしまうものなので、しっかり練習をしてから臨んだほうがいいです。


看護師、転職時の失業保険について

転職活動をする前に知っておきたいのが失業保険に関することです。 仕事を辞めると必ずしも失業給付金がもらえるというわけではありません。

まず、大前提として雇用保険に加入している必要があります。 といっても週に20時間以上働いている方は例えパートタイムでの勤務であっても雇用保険に加入しなければならないので、該当する方が多いでしょう。

更に、毎月11日以上働き、それが6か月以上継続しているというのも失業給付金を受け取るための条件です。 注意しなければならないのが、失業給付金とはすぐに仕事に就ける人しか対象にならないということ。

つまり、今の職場を退職したらしばらく家事に専念しようと思っているという方は失業給付金を受け取ることはできません。他にも、妊娠や出産のために職場を離れたという方もすぐに再就職することができない状態ですよね。

失業給付金とは仕事をやめたあとになにもしなくてももらえるお金ではなく、次の仕事が見つかるまでの生活に苦労しないように支払われるお金です。 そのため、失業給付の支給を申請したら就職活動をしなければなりません。

就職活動の実績を提出し、それが認定されることによって失業給付金が支給されます。 ただ履歴書を送っただけでは就職活動をしているとは認めてもらえず、現在の状況や進行具合なども詳しく報告しなければなりません。

また、雇用者側の都合で辞めた場合は手続きの7日後から給付がされますが、自己都合で辞めた場合は3か月後からの給付となるということも理解しておきましょう。

失業給付金を利用して就職に役立つ資格を取得するという人も多いので、有意義な使い方をしてみてはどうでしょうか。勤務実績が5年未満であった場合は90日まで、5年以上10年未満だった場合は最大180日まで給付を受けることができます。

早く再就職が決まってしまうと失業給付金が受け取れる日数が短く損をしてしまうのではないかと考える人もいるかもしれませんが、残日数が40%以上残っている場合には再就職手当てが支給されるので安心です。